So-net無料ブログ作成
スポーツ関係 ブログトップ

旅行記の合間に、自転車ロードレース界のごたごたについて毒を吐きます。 [スポーツ関係]

「2012年2月6日、CAS(スポーツ仲裁裁判所)は、2010年ツール・ド・フランス期間中のドーピング検査でクレンブテロール陽性が判明したアルベル ト・コンタドール(スペイン、チームサクソバンク)に対し、2年間の出場停止処分が妥当であるとの裁定を下した。2010年ツール総合優勝のタイトルは剥奪。処分は2012年8月5日まで。

長期戦を呈したコンタドールのドーピング疑惑。最終的にCASが出した答えは、コンタドールに無罪を言い渡したRFEC(スペイン自転車競技連盟)の判断を 不服とするUCI(国際自転車競技連合)とWADA(世界アンチドーピング機構)の訴えを認めるもの、つまりコンタドールの有罪を認めるというものだっ た」
  シクロワイアード2/6のニュースより抜粋  http://www.cyclowired.jp/?q=node/76678

私はアルベルト・コンタドールのファンです。
そのせいもあって余計に納得いかない、わからないところが山ほどある。
彼から検出された禁止薬物は規定量の1/400ほどで、しかもツール・ド・フランス中の休息日。
これ自体は彼のパフォーマンスに何の影響もないとのことなのに、検出された事を重く見るというのならば「規定量」を定める意味はどこにあるのか。
それについて100歩譲っても、裁定が下されるまで延長延長延長の繰り返しで結局1年半もかかっているのは何故なのかな。
延長されるたびにコンタドールは次のレースへの調整をやり直していたはずで、ただでさえ厳しいレースのハードルを組織がそんなやり方で上げてしまうことについては納得などできない。
そしてクリーンな状態で圧勝した2011のジロ・デ・イタリアの優勝も剥奪。
なんか、萎えるなあ。
冷めちゃうなあ。
昔から自転車ロードレース界の薬物使用はかなりなもので、ドーピング検査も何処よりも厳しいと言われている。
厳しいのは結構だけど、風邪薬も普通に飲めず、喘息の薬が引っかかって出場停止とかってどうなんだろう。
本末転倒している気がしてならないよ。

エディ・メルクスさんのコメントがせめてものなぐさめだ。
「自転車競技にとってアンフェアーな裁定だ。
まるであたかも誰かが自転車競技の終焉を希望しているようだ。
他の競技とは比較にならないほど、自転車競技で はドーピング検査が行なわれている。
他の競技で行なわれていないことについて、専門家の意見を仰ぎたい。
不合理で、残念な結末だ。
被害を被るのは自転車競技界であり、どこにも勝者はいない」
        http://www.cyclowired.jp/?q=node/76719

大病にも数々の不運にも負けないでここまで来たコンタドールだから、今回も見事な復活を遂げてほしい。
そして今年のブエルタ・デ・エスパーニャでは2位の選手を1時間以上ぶっちぎって優勝していただきたいものである。


追記

長くなるが 2/8のサイクリングタイムのニュースより引用

CAS(スポーツ仲裁裁判所)は正式にアルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク)の禁止薬物クレンブテロール使用による2年間の出場停止を決定した。これにより2010年度のツール・ド・フランス優勝、そして2011年度のジロ・デ・イタリア優勝のタイトルが剥奪されることが決定した。

しかし出場停止は今年の8月5日に明けることとなる。これは今シーズン後半ブエルタでのコンタドール実戦復帰が現実的であるということだ。これは出場停止 期間が、使用が認められた2010年7月21日に遡り計算される為である。しかしながら調査の不透明性と遅延から、コンタドールは自身の処遇がはっきりし ないままレースで走り続けている。


グランツールのタイトルが剥奪がされたことにより、アンディ・シュレク(ルクセンブルク、レディオシャック・ニッサン)が2010年度のツール覇者となり、ミケーレ・スカルポーニ(イタリア、ランプレ・ISD)が2011年度のジロ・デ・イタリアの覇者へと繰上げとなった。


CASは正式に声明を発表している。


「我々の調査委員会によれば、肉の汚染のシナリオ、そして自己輸血のシナリオはどちらも可能性に過ぎない。どちらも分析結果を説明するには十分だが、その 逆も言えるあやふやなものだ。調査委員会の見解では証拠を検証、考慮した結果、クレンブテロールは汚染された食物を摂取したことによる可能性が高い。(厳 密に言うと意図的なサプリメントによる摂取と結論付けたようだ)」


「それにより出場停止機関の短縮に該当する正当な理由は無く、UCIのアンチ・ドーピングレギュレーションによりアルベルト・コンタドールの2年間の出場停止が妥当であると判断する。」


コンタドールは以前、無罪が認められないのであれば引退も辞さないと語っていたが、今回の決定を受けての正式なコメントはまだ出していない。しかし彼の兄弟フラン・コンタドールはコメントを出している。


「アルベルトは引退をしないよ。」そうCOPE(報道倫理委員会)に語った。


スカルポーニとシュレクはは共に今回の決定にがっかりしている。

「喜べるわけが無いよ、アルベルトのことは本当に残念だ。彼の無実を信じてきたし、自転車界にとって悪夢のような一日だよ。唯一ほっとしたのは566日というはっきりしないもやもやした日々にようやく決着がついたということだけだよ。」そうシュレクはコメントした。
「僕は4000ページにも及ぶファイルに目を通してたどり着いた結論CASの決定を真摯に受け止めているよ。今更2010年のツール・ド・フランスの優勝 者だといわれても嬉しさはなんて微塵も無いよ。僕はコンタドールと真っ向から勝負して負けたんだ。僕の目標は正々堂々と勝負して自らの力でツールを勝つこ となんだ。レースシーンで最強になりたいんであって、裁判所で得たい称号じゃないよ。今年勝つことができたら、それを僕自身のツール「初」勝利とする よ。」そうシュレクは複雑な胸の内を語った。


スカルポーニも同様に個人的レベルではコンタドールに同情をしている、しかし判決は判決と割り切ってもいる。


「個人的にはコンタドールの心情を察するよ。しかしながらこのことがプロサイクリストとしての僕に影響を与えることはないよ。結果も、そしてこれからの僕の目標に関してもね。ランプレISDのチームと共に今回の判断を真摯に受け止めるよ。」


しかしながらタイトル剥奪には反論もある。長くジロ・デ・イタリアのオーガナイザーを勤めたゾメニャンは、タイトル剥奪は不当であり、意味はないと語る。

「コンタドールの件に関して皆が聞くが、もう一度だけ明確に僕の考え方を述べておくよ。

彼はイタリアにUCI公認のライセンスを持ってやってきて、尿も血 液のテストもパスしてクリーンな状態で勝利したんだ。
だから彼の勝利を剥奪することは無意味だし正しい判断とはとても思えない。」
そう彼は自身のブログで 語っている。

コンタドールはレースに参加することを許されていたと言う事実、また566日という間判断が延ばし延ばしにされたことを踏まえても、WASAとUCIのやり方、また今回の判決が正当性を保っているかという部分では疑問が残る。

今回のようなケースが繰り返されるようであれば、選手は競技に専念することが難しくなってしまう。
また今回のことが発端で選手達の労働組合が出来ることをUCIは危惧しているとのコメントも出ている。
選手と競技団体の溝がこれ以上広 がってしまわないこと、また将来選手を夢見る若手選手達の為にもより良い競技環境を期待する。

http://www.cyclingtime.com/modules/ctnews/view.php?p=19193


追悼レース [スポーツ関係]

n_110511_1.jpg
ホネホネシリーズ、梅雨バージョン。
n_110511_2.jpg
犬とてるてる坊主がかわいい。

ジロ・デ・イタリア2011第3ステージでウェイラント選手(ベルギー、レオパードトレック)が落車による事故で亡くなった。
9月にはパパになるはずだった、まだ26歳の青年のあまりに突然の死だ。
ライブ中継中で、世界中のロードレースファンがそのシーンを見ていた。
私はF1のアイルトン・セナのことを思い出してしまった。
あのとき同様、見るからに「これはまずいかも」という状況だった。
レース後に彼の死が発表されたが、移動中の奥さんとレース中の選手を慮ってのことで、ほとんど即死に近かったらしい。
サイクルロードレースに落車はつきものでヘルメットの着用が義務付けられているが、それでもこんなひどい事故はおきてしまうものなんだ。
10日の第4ステージはノーコンテストの追悼レースとなった。
妊娠中の奥さんや、彼のご両親のことを思うとほんとうに胸が痛い。
世界中のファンの思いが彼らと選手達や関係者に届きますように。

ロッテが日本一。 [スポーツ関係]

n_101108_1.jpg
連夜の延長戦で選手もファンも関係者もえらいことだったが、ロッテがリーグ3位からクライマックスシリーズを勝ち上がり、日本シリーズを制して日本一になった。
白熱した良い試合だった。
ロッテには心からおめでとう!
ほんとうにすごいよ。
だがしかし、前から感じていたもやもやはもっとひどくなった。
プロチームが30もあるメジャーリーグはともかく、1リーグ6チームしかない日本でクライマックスシリーズなんて必要あるのかな?
確かに今回のように下から勝ち上がっていく「下克上」はとてもおもしろいよ。
でも、140試合以上戦って勝ち得るペナントレース優勝って何なの?とも思ってしまうのだわ。
短期決戦は実力以外の要因もけっこう大きい。
だからこそ、日本シリーズはペナントレースを通して一番強かったチーム同士で戦うのがいいんじゃないかなと思うのであります。
一位じゃなくても、まあいいや…なんて思いながらペナントレースを戦ってほしくないしな。
協会はいろいろ盛り上げようとしているのでしょうがねえ。

両親が医者に行った帰りにパンと寿司を買ってきてくれた。
お寿司、ひさしぶり!
n_101108_2.jpg

以下、レスです。

続きはこちら


ジロ・デ・イタリア! [スポーツ関係]

n_100513.jpg
新城選手 位入賞!
自転車ロードレース、グランツールの一つ『ジロ・デ・イタリア』第5ステージで新城幸也選手があわや優勝か!とうすごい逃げを見せてくれた。
積極的に攻めて攻めて最後は力尽きたけれど、文句なく敢闘賞だった。
優勝したピノー選手は新城選手に菓子折持ってお礼に行かなかくちゃ。
去年のツール・ド・フランスではステージ5位に入賞し、今回3位だから次はいけるね、ステージ優勝!とテレビをみた誰もが思ったに違いない。
今年もジロは面白い!

ところで、5月も中旬なのに寒いんですけど。
羽毛布団もホットカーペットも仕舞えない5月なんていかんと思うの。
え? 志賀高原で積雪!?


以下、レスです。


続きはこちら


自転車とシュリンプ [スポーツ関係]

n_091205_1.jpg
こういうイベントに行ってきた。
目的は生イノー氏だ。
n_091205_2.jpg
ナマ別府フミーもナマさっしゃもナマ栗りんも嬉しいけど、なんといっても1985年にテレビで初めて存在を知ったツール・ド・フランスでゴール直前に落車して顔からダラダラ大流血しながらゴールし、最終的には総合優勝かましてくれたイノー氏があまりに印象的で、以来私の中では彼はツール・ド・フランスの代名詞なのね。
あれからずいぶん経ち、一見ひとの良さそうなおじさんになったなーと思っていたらとんでもない。
熱いです!
まだまだゴウゴウと燃えてます。
心の底から自転車と自転車競技を愛しているということが伝わってくるとーくだったよ。
楽しい3時間だった。
ユナイテッドシネマ豊洲の椅子は、2時間で尻が痛くなった所沢ミューズに爪の垢を飲ませたい、とても良い椅子だった。
このイベントはスカパーのJスポーツで12/24に放映するそうなので、忘れずに録画しなくちゃ。
そのあとお腹ぺこぺこだった妹と私はららぽーとの中にある「ババ・ガンプ・シュリンプ」で食事をしたのだが、ちょっと失敗した。
「ババ・ガンプ・シュリンプ」は名前の通り「フォレスト・ガンプ」をテーマにしたシーフードアメリカンレストランだ。
ハワイでは見かけたことがあったが、日本にあるとは知らなかった。
量がアメリカンなままだったが、メインはよかったのよね。
n_091205_3.jpg
シュリンパーズ・ネット・キャッチ2280円也と
n_091205_5.jpg
グリーンボウ・テンダーチキン980円也とパン。
二人だけだったので、頼んだのはこんな感じだったので。
ちょっとお腹に余裕があったのと物珍しかったのでデザートを頼んだのが間違いだった。
n_091205_4.jpg
直径18センチほどの鍋の上にほぼ同じ大きさの分厚いチョコチップクッキーが横たわり、その上にクリームとアイスが鎮座ましましている。
なんか、メニューの写真よりクリームの量が間違いなく多いんですけど。
日本の感覚でいったら3〜4人分だろうか。
完食したさ。
店員さんの見ていないところでダバダバとコーヒーをぶっかけてクッキーを柔らかくし、アイスを溶かし、クリームの甘みを緩和して。
いや、どれも美味しかったのよ。
あそこは大人数で行くのが正解。


スポーツ関係 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。