So-net無料ブログ作成
劇や映画などなど ブログトップ

薔薇とサムライ [劇や映画などなど]

n_100408.jpg
赤坂サカスの桜はほぼ終わっていた。
劇団☆新感線の30周年興行『薔薇とサムライ』を見に行き、ついでに仕事の打ち合わせ。
『五右衛門ロック オーバードライブ』とついているので、どうしても『五右衛門ロック』と比べてしまう。
天海さんは素敵な漢っぷりだし、マンガから抜け出たようなオスカルさまバージョンやら短髪のジャンヌ・ダルク風やらこれでもかの大サービス。
神田沙也加ちゃんも浦井健治くんも思いの外(すみません)よかったよ、かわいかったよ。
古田さんも粟根さんも橋本さんも高田さんも相変わらずだし、おもしろかったよ。
とてもおもしろかったんだけど、『五右衛門ロック』が更に更におもしろすぎたんだと思う。
だからね、なんとなく物足りなさを感じちゃっているの。
いやいや、もう1回行くし、次は違う感想になっているかもしれない。
なにしろ新感線だから。
あ、橋本じゅんさん、アレ反則ですよ! 目に焼き付いて離れません。
アレには誰もかないませんよ。

以下、レスです。

続きはこちら


シャーロック・ホームズ! [劇や映画などなど]

n_100406_1.jpg
いや、このぐにゃぐにゃの猫は関係ないのだが。
近くのシネコンで『シャーロック・ホームズ』を見てきた。
交通の便が悪いとはいえ、レイトショーとはいえ、観客6人は寂しい。
そして、本編前の予告で『アイアンマン』をやるのはどうなんだ、シネプレックス●座。
おかげでホームズが、いつ鋼鉄の仮面を取り出すかとひやひやしてしまったじゃないか。
デカプー主演の映画を予告で2本流すのもいただけないぞ。どっちがどっちだかわからなくなっちゃうじゃないか。
で、ホームズだが。
ジェットコースターのように怒濤のアクティブホームズとワトソンくんがすてきだった。
ワトソンくん、「行っちゃうの? ボクを置いていちゃうの?」と子犬のような目をしてしがみついてくる悪魔と縁を切らないと、君は一生トルネードに巻き込まれっぱなしだぞ。
でもだめね、ワトソンは巻き込まれ、翻弄されつつ宙を舞うのが楽しくてたまらないのだ。
それにしてもホームズ、そんなに好きか、ワトソンが。
好きなのね。 
一人では、社会の荒波の中を生き抜いていけないのね。
ワトソン、ステキだものね。 メアリーにかっさらわれて悲しくてしかたないのね。
頭脳明晰、ひらめきは天才的、行動力抜群、肉体派のダメダメ男ほど質の悪いモノはございませんね。
間違いなく作られるであろう続編で、この永遠のゴールデンコンビの活躍と痴話げんか、そしてモリアーティ教授を誰が演じるのか、今から楽しみでなりませんよ。
n_100406_2.jpg
なんかバランス変なんですけど、お姐さん。

以下、レスです。

続きはこちら


目をそらすぶーちゃん [劇や映画などなど]

n_091016.jpg
カメラを近づけると必ず目をそらすぶーちゃん。
なにか嫌らしい。

先日、新橋演舞場で劇団☆新感線の『蛮幽鬼』を見てきた。
堺雅人!
見る前に友人に「うたたさん絶対堺雅人が好きだと思うわ」と言われたからじゃないが、よいねえ、よいねえ、サジ。
いかにもはまり役な粟根まことさんと橋本じゅんさんも好き[黒ハート]
そして早乙女太一くんの舞うような殺陣がなんとも美しい。
がんばって仕事終わらせて、あと1回見に行こう。


劇や映画などなど ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。