So-net無料ブログ作成
仕事のことなど ブログトップ
前の30件 | -

カレンダー通販について [仕事のことなど]

2015sample.jpg

   2015年カレンダー通販についてのお知らせ

A5サイズ 壁掛け冊子28ページ(月毎のタイプ)  送料込み¥1000

通販を希望される方はメールフォーム
  ●お名前、メールアドレス
  ●希望部数
  ●送金方法
     郵便振替ぱるる送金のどちらか。  
     ぱるる送金をご希望の方はご住所もお知らせ下さい。
     ご住所お名前がないと発送できませんので書き忘れに
     ご注意ください。
     郵便振替ご希望の方は郵便局の振替用紙にご住所、お名前を
     書いていただくので、メルアドだけで大丈夫です。
以上を明記して送信してください。
折り返し、メールで口座番号をお知らせします。

なるべく早く発送したいと思っておりますが、仕事中は発送が送れる事があります。
メールを送ったのに1週間も返事がこない、送金したのに1ヶ月たってもカレンダーが届かないという場合は、お手数ですが再度ご連絡ください。

いろいろ注文が多くて申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。 

川柳募集中! [仕事のことなど]

n_140717.jpg

お知らせです!

秋田書店「プリンセスGOLD」で読者の川柳を募集しております。
あなたの心の叫びを5・7・5の句にしてみませんか?
川柳には季語も必要ありません。
おひとり、何句でも大歓迎。
入選者は「プリンセスGOLD」10月号で発表し、作品は私のコミックス『鳥啼き魚を目は泪』2巻に掲載、記念品をプレゼントさせていただきます。
締め切りは 7月24日 です。
応募方法は 作品とご住所、お名前、年齢、電話番号、必要ならばペンネーム を
メールフォーム http://www005.upp.so-net.ne.jp/utatadoh/mail.html で送っていただくか、
ハガキ等で 102-8108 東京都千代田区飯田橋2-10-8 秋田書店「プリンセスGOLD」編集部 心の叫び川柳係 まで

締め切りまであまり間もありませんが、よろしくお願いいたします!


『鳥啼き魚の目は泪』1巻発売中! [仕事のことなど]

n_140406.jpg

3ヶ月のご無沙汰!
生きています!

3/14に発売されたプリンセスコミックスのお知らせを今頃…。
主人公は俳聖・松尾芭蕉、46歳、若作り!の怪しい「おくのほそみち」行脚です。
ご覧の通り、帯に青池保子先生が一句よせてくださいました。
漫画家やっていて良かった!と思う瞬間でございます。

掲載中のプリンセスGOLDでは、彼等はやっと仙台です。
彼等の旅のメインは、私的には仙台から出羽三山だと思っているので、これまで以上に気合いを入れなくちゃ!と思っております。
お目にとまりましたら、なにとぞよろしく!


カレンダー通販について [仕事のことなど]

cal-2014.jpg

   2014年カレンダー通販についてのお知らせ

A5サイズ 壁掛け冊子28ページ(月毎のタイプ)  送料込み¥1000

通販を希望される方はメールフォーム
  ●お名前、メールアドレス
  ●希望部数
  ●送金方法
     郵便振替ぱるる送金のどちらか。  
     ぱるる送金をご希望の方はご住所もお知らせ下さい。
     ご住所お名前がないと発送できませんので書き忘れに
     ご注意ください。
     郵便振替ご希望の方は郵便局の振替用紙にご住所、お名前を
     書いていただくので、メルアドだけで大丈夫です。
以上を明記して送信してください。
折り返し、メールで口座番号をお知らせします。

なるべく早く発送したいと思っておりますが、仕事中は発送が送れる事があります。
メールを送ったのに1週間も返事がこない、送金したのに1ヶ月たってもカレンダーが届かないという場合は、お手数ですが再度ご連絡ください。

いろいろ注文が多くて申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

コミックスのお知らせ。 [仕事のことなど]

n_130730_n.jpg
ご無沙汰しております!
いろいろと実り多かった6月7月なのに、ブログをサボって申し訳ない。
夏も祭りの準備が終わったら、旅行のことなどを描きたいと思います。

さて、新刊のご案内です。
8月16日に秋田書店から『東のはて通り異聞』4巻が発売予定です。
これはシリーズ最終刊となります。
雑誌掲載時と少しだけ変わったところもあります。
見かけましたら、なにとぞよろしく!
またいつかイギリスが舞台の話を描きたいなあ。

次のお話は、江戸です。
いや、江戸時代の江戸から東北地方が舞台で、主人公は超有名人です。
掲載は10月号(9/16発売)からですので、こちらもよろしくお願いいたします!

以上、おしらせでした。

以下、レスです。

続きはこちら


冬コミについて その2 [仕事のことなど]

手作りお狐さまストラップの新作を持っていきます。
こんな感じ
n_121228_2.jpg
数はあまりないのですが、見かけましたらよしく!
あ、左のストラップのナザール・ボンジューは私物でございます。

冬コミについて [仕事のことなど]

お知らせです。
ビッグサイトで行われるコミックマーケットに 12/30 西ホール きー30a「うたた堂」で参加いたします。
新刊は『すっくと狐』本 ↓
n_121228_1.jpg
2013年度カレンダー ↓
cal-sample2013.jpg
本当はもう1冊出したかったのですが、さすがに無理でした。
参加なさる方々、お時間がありましたら遊びにいらしてね!


たちはきのせんじょうよしかた と読みます。 [仕事のことなど]

n_120316.jpg
先日、秩父の三峯神社に行ったときのことを書こうと思ったのだが、その前にインフォメーション。

幻想異界 鶯神楽 〜夢幻アンソロジーvol.25(3/8発売 祥伝社) 『月光ホテル』28枚

プリンセスGOLD 4月号(3/16発売 秋田書店) 『東のはて通り異聞』36枚

見かけましたら、どうぞよろしく! 

上の絵は『すっくと狐 悪源太編』に登場する悪源太義平の叔父さん、源義賢殿です。
8巻が3月発売予定だったのですが、いろいろあって延期となりました。
申し訳ありません!
詳しいことがわかりましたらお知らせいたします。


以下、レスです。

続きはこちら


ここ数ヶ月ダメダメですわね。 [仕事のことなど]

n_120121.jpg
最近の更新が仕事関係ばかりなのはいかがなものか…。
と言いつつ、またコマーシャルですみません。
1月末配信予定のデジタルホラーM16号の表紙です。
頼朝や義経の一番上のお兄ちゃんだけどあまり有名でない源義平、別名悪源太義平くんです。
ちょっと人間やめてますが。
「ホラーMってまだあるの?」と思った方、まだやってんですよ。
まあ、そう思われても仕方ありません。
公式サイトは数ヶ月前から更新してないし、ツイッターだってアカウント取っておきながら編集の誰も読んでいないみたいですから。
でも毎月ちゃんと出ているんですよ〜。
NHKの大河ドラマも今年は清盛だしいいタイミングなのに、会社が売る気がないのではなあ…、これを購入してくださる天使のような読者はいらっしゃるのかしら…などと時々どんよりしたりしますが、魂込めて描いています。
好きなんですもの、あの時代が、源平が。
一人でも読んだくださる方がいれば、面白いと思ってくださる方がいればマンガ描きはがんばれます!
というわけで、気が向かれたら覗いてやってください。
コミックスの『すっくと狐 8〜悪源太・三』は3月発売予定です。
描き下ろしがドカンと入ります。

カレンダーの通販もまだやっておりますので、よろしくお願いいたします!
http://www005.upp.so-net.ne.jp/utatadoh/mail.html


以下、レスです。

続きはこちら


あけましておめでとうございます! [仕事のことなど]

n_120101.jpg
今年がいい年となりますように!
地球が少しはおちつきますように!

冬の祭りでスペースに寄ってくださったみなさま、お声をかけてくださってみなさま、差し入れをしてくださった皆様、ありがとうございました!
昨年はマンガを描き始めてから初めて同人誌を1冊も作れないという、ある意味仕事だけが充実していた年でしたが、今年は出すよ。
なんとか出すよ!

うたた堂2012年版カレンダーの通販についてはこちらをどうぞ。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/utatadoh/tuuhan/tuuhan2012.html


2012カレンダー [仕事のことなど]

n_111223.jpg
数日間テレビもつけずパソにしがみついて作っていた来年のカレンダーをどうにか入稿しました。
中綴じA5サイズの壁掛け式、月毎のフルカラー28ページです。
開くと、色は抜けていますが上の絵のような感じでA4になります。
冬コミ(30日、西地区やー18b「うたた堂」)で販売するほか、通販も承ります。
通販希望の方は下のメールフォームからお問い合わせをお願いします。
詳細が決まりましたら、ご連絡いたします。
発送は正月明けから始めます。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/utatadoh/mail.html

超!おひさしぶりです( ̄▽ ̄;) [仕事のことなど]

n_111214.jpg
先日久しぶりにブログを更新…と思ったらログインできず、再三サポートセンターにお世話になった。
結局原因はよくわからず。
デジタルってその辺がどうにも信用しきれない。

写真は12月末配信予定の「デジタルホラーM」vol.15。
ウェブオンリーの販売にもかかわらず本家サイトは数ヶ月全く更新されていないが、書店ではまだ出ていない15号の予約?
かと思うと13号で止まっている店もある。
編集部には感謝している。でも出版社がやる気が無く売る努力もしてくれないなら、読者に作品を届けられないなら、何のために漫画を描いているのだろうと悲しくなる。
今連載している話は唱のほか、悪源太義平(頼朝、義経の兄ちゃんだ)が主役で、来年のNHK大河ドラマが「平清盛」だしなんていいタイミング!と思っても、描き手は編集部や会社に「ちゃんと更新してください。もっと宣伝してください」と要求することしかできないのよね。
本当に、いろいろ考える時期だと思う。
とりあえず、悪源太編のけりが付くまでがんばろう。
こんな状態の中、購読してくださる皆様には「力一杯描きました!」と言いたいし、「面白かった」と言われたいから。

ひさしぶりなのに、こんな話題ですみません。
今頃カレンダーを作っているダメダメなワタクシですが、冬の祭りと正月を晴れやかな顔で迎えたいと思っております。


インフォメーション! [仕事のことなど]

n_111103.jpg
ただいま配信中のデジタルホラーM Vol.13。
最近広告ばかりですみません!
この前の旅行も早く書かないと忘れちゃいそう。

最近サボり気味でいかんですなあ。 [仕事のことなど]

n_111023.jpg
せめて、今発売中の掲載誌情報を。

ネムキ11月号(10/13発売) 『くにのまほろば』40ページ
プリンセスGOLD11月号(10/16発売) 『東のはて通り異聞』40ページ


先日取材で岐阜と福井を回ってきたのだが、やはり現地に行ってみるというのはそれだけで大きな収穫がある。
一段落したらそのときの事を書きますね。


デジタルホラーMvol.11配信中 [仕事のことなど]

n_110831.jpg
新しいのが出ましたので告知。
『すっくと狐』も載っています。
ちょっとかわいそうな義平君もがんばっていますので、どうぞよろしく!
いちおう公式サイト http://horrorm.com/

台風が来そうでなかなか来ない…。

「ネムキ」チャリティー本告知など [仕事のことなど]

n_110806.jpg
「ネムキ」で描かせていただいている『くにのまほろば』の主人公、ナゾの水森くん。
童顔で小柄らしい。陸という名前らしい。

【チャリティー本『ネムキLimitedEdition』告知】
8月12〜14日のコミックマーケットでチャリティー本を販売いたします。
西館4階西4ホール・朝日新聞出版(企業ブース)です。ぜひ、おいでくださいませ。
すべて描きおろし作品です。

吉川うたたも4枚ほど描かせていただきました。
うちはコミケに落ちてしまいましたが、よろしくお願いいたします。


コミックスのお知らせ [仕事のことなど]

n_110720_1.jpg
今月発売されたコミックスです。
↑秋田書店刊「プリンセスGOLD」で連載中の『東のはて通り異聞』1巻。
舞台は英国。
日本オタクの祖父が残した何かとやっかいな遺産を相続した、黒髪黒目だけど生粋のブリティッシュボーイのお話。
私もだんだん彼が日本人にしか見えなくなってきました。

n_110720_2.jpg
↑ぶんか社刊『黄昏堂へようこそ』4巻。
以前に秋田書店から出していただいたものと内容はほとんど同じです。
加筆と書いてありますが、ページが増えたわけではありません。
紛らわしい表示で申し訳ないです。


発売中! [仕事のことなど]

n_110523_1.jpg
5月に出たコミックスの宣伝です。
 『すっくと狐 7 〜悪源太 二』 ぶんか社
表紙では唱がでかい顔してますが、中身は悪源太義平くんのほうが活躍してます。
鎌倉悪源太義平(かまくらのあくげんたよしひら)こと源義平は私が中学生の頃から大好きな武将で、源頼朝のお兄ちゃんです。
歴女でSF者としてはかなり年季が入ってますが、義平くんの話を自分が商業誌で描けるようになるとは思ってもみませんでした。
幸せなことです。

n_110523_2.jpg
うっかり帯もスキャンしちゃった。
 『黄昏堂へようこそ 1』 ぶんか社
数年前に秋田書店から出していただいたもので、内容はセリフが少し変わったぐらいです。
6月17日に2巻3巻、7月17日に最終巻の4巻が出ます。
7冊を4冊にまとめたので、1冊が350ページ前後とかなり分厚いです。

 『キャラバンサライ 2 ~トゥズとサーハル』 祥伝社     
5月9日に発売されました。
この巻でトゥズとサーハルのシリーズはいちおう終わりですが、消化不良の感がありますのでまたいつか何処かで描ければいいなと思っています。

そのほか、5/16発売の「プリンセスGOLD」 5月号(秋田書店)に『東のはて通り異聞』50ページ
6/8発売の「幻想異界 夢幻アンソロジー22」(祥伝社)に『月光ホテル』24ページが掲載予定です。


以下、レスです。

続きはこちら


訂正用紙 [仕事のことなど]

n_110417.jpg
発売中のネムキ掲載の「くにのまほろば」の誤植について。
友人のbelneさんが訂正用紙を作ってくれました。

100パーセントで印刷するとわりあい、ぴったり訂正できます。
  パスワードはkurogane
pdfファイルです。(説明不足ですみません) 刷り色と紙色はかわっちゃうけど、張り替えたら 自然に読めるようになりました。
今はやりの、プリンターで出来るポストイットにプリントして貼るといい感じだそうです。
ダウンロード期間は4/16から約1ヶ月になっております。

ありがとう、belneさん!
私こんなこと思いつきませんでした。

これから両親と妹とでご飯食べに行く。
肉が食べたい気分。

以下、レスです。

続きはこちら


正誤表 [仕事のことなど]

n_110413.jpg
ただいま発売中の『ネムキ』5月号に掲載されている「くにのまろば」のセリフにいくつかに間違いがありますので、ここで訂正させていただきます。

●180ページ1番下のコマ  セリフの順番が逆になっています。 「我々の村は…」が先に来るのが正解。
●187ページ2コマ目  「……のじゃ」は余計。
●202ページ3コマ目  「…手駒が重い…」ではなく「…手駒が多い…」が正解。
●208ページ1コマ目  「老舗の…」ではなく「老焔は…」が正解。
●208ページラストのコマ  「…中庭に…」ではなく「…中途半端に…」が正解。

ネムキを読んでくださった方、あるいはこれから読みますという方はどうか脳内で変換してくださいませ。
申し訳ありませんでした。


ちょっとコマーシャル [仕事のことなど]

n_110309.jpg
8日に発売された祥伝社の『夢幻アンソロジー21 幻想異界』に掲載されている「子どもたちの時間」後編のトビラです。
5月にこのシリーズの単行本が出る予定。
「すっくと狐」の単行本もぼちぼちです。
問題はどちらの本も、カラーをいったいいつ描いたらいいのやら…という…。
とりあえず、目の前のかなりやばい締め切りのことを考えよう。
問題がもう一つあったわ。
最近思わしくない体調。
間違いなく疲れが溜まっているせいなんだけど、一息つけるのはもう少し先なので騙し騙し峠を乗り越えよう。

以下、レスです。

続きはこちら


コマーシャルと都条例 その2 [仕事のことなど]

n_101217.jpg
こいつはただいま発売中の「プリンセスGOLD」1月号に掲載中の『東のはて通り異聞』第2話の扉(ちょっと加工済み)のもとのレイアウト。
主人公の髪型を間違えるという情けないミスのため、左右逆版で載せてもらった。
最近ミスが多い…。


忘備録的に、しぶとく都条例関連 
TBSラジオポッドキャスト・ディキャッチ「なぜ“マンガ”“アニメ”だけが規制されるのか!?」(山田五郎氏/編集者)
非常に明快です。これっていつまであがっているのかな。1週間ぐらい?

愛媛新聞の12/16の社説。良い記事だと思います。
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201012160373.html
12/15の北海道新聞 
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/264601.html 


都知事、副都知事などのコメントなどを読むと、この人たち条文をちゃんと読んでないんじゃ…という気さえしてくる。
反対派が改正案(と言いたくないけど)の何に反対しているのかもわかってないんだろうな。
反対派=子どもを守る気のない人たち、というミスリードは政府の公報のようないくつかのマスコミのせいでもあるけど。
今回よくわかったのは、行政が決めたいと思ったものに関しては反対意見を聞くどころかパブリックコメント(意見公募手続)すら取らずひっそりゴリ押しで採決し、決まった後で「こんなん決まりましたから」と押しつける昔からの手段と、人間性すら疑っちゃう議会での下卑たヤジが都議会に限らず議会ではデフォルトなんだってこと。
因みに6月に否決されたときのパブコメは9割が反対だったそうだ。
だからだね。
一番腹立たしく同時に恐ろしいと思ったのは、異なる意見に全く聞く耳を持たない政治屋ではなく、聞く耳を満たないことを平気で民衆に曝す政治屋の本質です。
政治家のお腹が真っ白であるべきなんて思わないが、建前を気にしなくなったらただの独裁者だろう。


以下、レスです。


>実桜さん

かの都知事の人権への配慮のなさは老害としか思えませんね。
自分が他人や他人の職業を差別できる選ばれた人間だと思っておられるのはコンプレックスの裏返し?とか考えてしまいます。
ご自分が書いたり映画化してきたものがどのようなものか、当時どのような思い出それを創作したのか是非聞きたいところですね。


>縁さん

規制されるものから小説と実写が除かれているってのがあまり露骨ですよね。
それに対する質問への賛成派議員の答弁があまりにおバカすぎてびっくり。
さもわかったような口で言い切っておられる議員さんはマンガどころか小説も読んだことないのでは?と疑ってしまいました。
「小説は読み手によって様々な解釈ができるが、マンガやアニメはひとつの見方しかできない」うろ覚えですが内容はこんな感じでしたよ。


>門香さん

ありがとうございます。
トゥズとサーハルの子ども時代の話は完全に引いてしまいました。
2回でおわらないかも、です。

「表現の自由」に関しては、自由だから何かいてもいいんだ!なんて考えているプロのクリエイターはいないでしょ、と思ってます。
仕事をする上で避けて通れない部分ですものね。
責任をともなう自由、義務を果たしての権利だと自覚してます。

コマーシャルと都条例 [仕事のことなど]

n_101209.jpg
いきなり宣伝ですみません。
12/8発売の祥伝社刊「幻想異界〜孔雀宮」に24枚ほど描いています。
トゥズとサーハルの子どもの頃の話です。

さて、例の都条例改正案、私はもちろん断固反対です。
表現すること自体への規制と、なんぼでも拡大解釈可能な条例を何が何でも決めてしまおうという都のやり方には到底納得できません。
都知事の、腹が立つのを通り越して口あんぐりの妄言が世界に配信されているかと思うと泣けてきます。
あそこまで露骨なマイノリティへの差別発言は、普通思っても口にしないだろうに。
心の中でどれほど「小説はマンガより偉いんだい!だからエロを書いても小説なら高尚だけどマンガは卑しいんだい!ゲイなんて僕らと違って何か足りないんだい!」と鼻息荒く叫んでいても勝手ですが、嫌いなことと公の立場でそれを口にして貶めることは天と地ほども違う。
だから彼の政治家として、というより人としての私的彼の地位は、一気に最下層のゴミ箱行きでございます。
ちばてつや先生がたをバカ呼ばわりする老害政治家はちょっと許せませんからねえ。
反対派、賛成派の論点が完全にずれている感がある、改正というより改悪じゃね?都条例に付いては下のサイトからいろいろリンクが貼ってありますので、ごらんになってみてください。

東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト http://mitb.bufsiz.jp/

ツイッターのほうでもいろいろリツイートしてますので、興味を持たれた方はのぞいてみてください。


以下、レスです。

続きはこちら


表紙です。 [仕事のことなど]

n_101105.jpg
ただいま発売中のデジタルホラーMの表紙。
出たのは10月末なのだが、ぶ●か社のサイトが更新されたのは昨日あたりだった。
読者への情報の提供を軽く見ているのかな、と今後を憂いてしまったよ。
紙媒体と違って本屋で目にすることはないハコの中だけの本なんだから、出版社の情報が遅いのは売る気がないの?と思われても仕方ないでしょう。
取り扱ってくれている電脳本屋さんはさくっと情報が更新されているというのに、おおもとがそれじゃいかんだろうと思うのだが。

と、初っぱなに文句をたれてしまいましたが、デジタルホラーMvol.2ただいま発売中です。
偉そうに表紙を飾っている旦那は今回出番なしです。(きっぱり)
今回は悶々としている義平御曹司の話で、旦那は次からやっと登場です。
しかし、先日脱稿した「次」というのが vol いくつに載るのか実は知らないんです。すみません!
わかり次第インフォメに載せますね。

以下、レスです。

続きはこちら


今更ですが [仕事のことなど]

n_100725.jpg
7/17に発売された単行本「東雲寮奇譚」下巻のカバー。
上巻と同時発売。

どうにもエンジンがかからなくて困る。
ひとつずつ片付けていければ良いのだが、今回はそうもいかなくて。
話が決まってない段階で予告カットを描かなきゃならない時はどうすればいいのでしょう。
「どんな内容にでも使えそうなタイトルと絵をかいとけば」
そんなのが思いつけたら苦労しないのだ、妹よ。

ちょっと考えていたのは海外の神社の話。
ハワイにもアメリカ本土にもブラジルにもアジア各地にも「神社」はあるが、ヨーロッパにはずーっとなかった。
お寺はあるけれど。
ヨーロッパ初の神社は水屋神社分社の和光神社という。
2006年にフランスのブルゴーニュ地方に建立されたそうだ。
でも舞台がヨーロッパはだめだ。
もう一つの先に固まった方の話の舞台がロンドンとその近郊で、ネタも七福神とかの神様モノなのだ。
似たような設定にすると後が辛いぞ、きっと。
神社モノをというのは担当嬢のご要望なのだが、範囲が広すぎてどこから攻めればいいのやら。
ついつい奇を衒った設定を…と考えてしまうからイカンのだろうか。
明日には予告カットを渡さなきゃいけないのに、頭の中は混沌のままだ。
とりあえず、寝よう。

以下、レスです。

続きはこちら


「すっくと狐」その後 [仕事のことなど]

『トカゲ』休刊で宙ぶらりんだった「すっくと狐」はWebでの連載という形になりそうだ。
どんなサイトなのかとか、オープンはいつなのとかまだ知らないのだが、たぶん秋ぐらいには形は違えど連載再開できるかな。
まずは一安心。
なんだけど、締め切りを聞いてびっくり、2ヶ月前ってマジですか!? どきどき…

わー! ドイツ2点目が入っちゃったよ、なんとかしてよマラドーナ!
サッカーW杯の準々決勝、アルゼンチンvsドイツなう。
ワシは日本の次にアルゼンチンを応援しドイツはその次か次の次ぐらいだったので、どうせなら決勝であたってほしかったなーとか思っとりました。

うちのワイルドストロベリー
n_100703_1.jpg
妹宅のワイルドストロベリー
n_100703_2.jpg
うちのストロベリーちゃんはなんだか何処か間違っている気が…。
葉っぱばかりがモリモリ育っているのは何故かしら?
ギョリュウバイが窮屈そう。

以下、レスです。

続きはこちら


今日で5月も終わりですか。 [仕事のことなど]

n_100531.jpg
まずはお詫びを。
今年に入ってから掲示板をほったらかしにしてレスもせず、書き込んでくださった皆様に大変不愉快な思いをさせてしまったと思います。
まことに申し訳ありません!
今後このようなことのないように気をつけますので、お許しくださいませ。
版権サイトも1月から更新していないので、なんとかしなければ。

「すっくと狐」の単行本が片付いて一段落と思っていたら、「東雲寮奇譚」の単行本を改めてぶんか社さんから出していただけることになって、慌てて カバーイラストを描いている。
とてもありがたいことなので、がんばろう。
奈良行きはこの仕事が終わってからだから、6月の2週以降かな。
2月からなんだか気持ちに余裕がないので、ちょっと長めの旅行をしたい。
パスポートもしばらく使っていないなあ。

お仕事情報です。
ただいま発売中の『トカゲ』(ぶんか社)Vol.8に「すっくと狐」を46枚、6/8発売の『夢幻アンソロジー』(祥伝社)に「お姫さまの時間」24枚描いています。
単行本は6/17発売予定の「すっくと狐」6巻。上のカバーがそうです。
7/17発売予定の「東雲寮奇譚」が上下巻、いっぺんに出るのかな?
よろしくお願いいたします。

以下、レスです。

続きはこちら


コマーシャル! [仕事のことなど]

nemuki201005.jpg
お仕事のお知らせです。
ただいま発売中の『ネムキ』(朝日新聞社)に「緑が雪のように降る」、『トカゲ』(ぶんか社)に「すっくと狐」を描かせていただいています。
興味を持たれた方は覗いてやってくださいませ。

ただいま絶賛ネーム中なのだが、歴史上の人物を出すと調べ物が増える。
芋づる式に知らなかったこともズルズルと出てきておもしろいが、それでつい必要以上に調べてしまうのを現実逃避とも言いますわね。

アイスランドの火山の噴火のせいで飛行機が飛べず、世界中でえらいことになっているようだが、モンティ・パイソンのメンバーで俳優のジョン・クリーズはタクシーでノルウェーからベルギーまで移動したという。
代金は46万円。
出来ればかかった時間も教えてほしかった。
他にもタクシーで長距離移動する人がたくさんいるに違いない。
タクシー会社、思わぬ稼ぎ時だよね。
火山の影響って広範囲だし長引くから大変だ。
大昔、どこかの火山噴火の直接的、間接的影響被害で地球上の95%の生物が死滅したことがあるという。
三葉虫もこのときに絶滅したとか。
今までに5度あった大量絶滅のうちの1回だとディスカバリーチャンネルでやっていた。
そして今現在、6度目の大量絶滅が起きているという説もあるそうだ。
今回の原因は、もちろん人間。
すごいな、人間。
火山噴火や巨大隕石の衝突と同レベルの脅威なんだ。

前に描いていたカラーですが [仕事のことなど]

n_091101_1.jpg
まだ、だらだらと仕事している。
いかんなあ。
これは先月描いた単行本のカラー口絵用原稿の途中経過。
n_091101_2.jpg
ぐりぐり塗っていくとこうなるけど、まだ途中。
今回は全部コピックで塗ってみた。
好きなのよね、コピック。
上にちらっと見えているのはカバー用イラスト。
何枚かあるときは、先にすべての絵の主線を描いてから、一気に塗るので数枚が同時進行。
コピックはすぐに渇くからガンガンいけるが、絵の具やインクを使うときは渇かす時間必要で、それが意外とばかにならないのね。
ハコで描く場合のメリットの一つは乾燥を待つ必要がないということ。
なんでも修正できちゃうのも助かるんだけれど、それが効かない緊張感と色が紙に染み込んでいく感じが好きなので、色塗りは昔ながらのツールを使う場合が多い。
でもそのうちペインターを自在に使いこなせるようになりたいなあ。
n_091101_3.jpg
フォトショでいろいろいじって、仕上がりはこんな感じ。


数珠掛くん [仕事のことなど]

n_091012.jpg
水もしたたる叶君、単行本付け足しカットより。
9月に単行本を3冊出していただいたが、その中の1冊『日招きの辻』の描き下ろしの話と、同じく9月に出たぶんか社のホラーアンソロジー「トカゲ」掲載の『すっくと狐』に出てくる村は、実はどちらも沓手村。
今、急に不安になってググってみたが、沓手村という村は実在はしないようで、一安心。
沓手鳥とはホトトギスのことです。
そして時は平安末期、まだ名もない玄狐は日本漫遊の旅に出ているようだ。
早くプロットよこせと担当さんから怒濤の催促が来ているが、今やっているカラーの方をどうにかしなくちゃいかんのよね。
15日までには終わらせたいな。
前の30件 | - 仕事のことなど ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。